FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

チャールズ・マンソン

Author:チャールズ・マンソン
細々と既婚生活を送っています。

いらっしゃい

今見ている人

現在の閲覧者数:

写真AC

私の写真はここから ダウンロードできます。 クリエーター検索 チャールズマンソンで 検索してください。

インスタグラムもやっています

Instagram

小遣い稼ぎに

無料登録で小遣い稼ぎ

カテゴリ

最新コメント

パソコン買うなら

PR

クリックお願いします。

ブログランキングにも参加中

広告

広告

広告

    
            

スポンサーサイト

--/--/--
category - スポンサー広告
                         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

                         
            

殺処分ゼロを目指すには~その二~

2018/02/28
category - つぶやき
コメント - 6
                         
一年で5万匹以上の犬猫が殺処分されている今


どのようにして殺されているのか。


捨てられた犬や猫は


まず動物保護管理所に集められます。


そしてまず判定されるんです。


何の判定かというと


『譲渡適性検査』


つまり再び飼い主を待つ権利を得られるか


そのまま殺されるかです。


その采配は人間の勝手な判断に委ねられています。


人なれしていない。


攻撃性がある。


ハンディーをもっている。


老犬である。


などがその判断基準です。


ではどうやって殺すのか。


昔は撲殺という方法をとっていたようです。


つまり脳天をたたいて殺す。


しかし安全性を考え


今はガスによる窒息死。


中には呼吸が浅く死にきれない子もいて


そんな子は麻酔などを注射して殺すそうです。


中にはやりたくないと泣く職員もいるようで


なんともいえない気分になります。


こんな悲しいことを放っておいていいのでしょうか。


胸が苦しいです。


こんなこと本当に止めて欲しいです。


悲しい現状があるということを


一人でも多くの人に知ってもらい


これじゃあダメだと思って欲しい。


しかしながらそんな裏側では


動物保護団体が


殺処分されそうになった


犬や猫を引き受け


そののち運営が上手くいかなくなり


さらなる悪夢が生まれているのも事実。


こんな悪循環をなくすには


ペットを飼う人が責任を持って


生涯面倒を見るということなんです。


一匹でも多く


罪のない命を救いたいものです。
スポンサーサイト
                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

                         

コメント

非公開コメント

No title

なかなか表ざたには出てこない悲しい現実ですよね・・。
私は小学4年生の頃、ハート出版という出版社から出ている本を図書館で読みまくってこの事実を知りました。
(殺処分や実験動物について)
その頃は小学生なのに街の不衛生なペットショップに一人で乗り込んで「おじちゃん、おかしいよ!」とか言ってたもんです。。笑
今思うとよくやってたな~と思いますが、日本のペット業界にはもっと変わっていってほしいと今でも切に願っています。
私の老後の夢は中型犬を飼うことですが、そのときはもちろんペットショップには行かない予定です(*^^*)

こんばんは。

動物の殺処分は本当に胸が痛いです。私もペットショップで犬や猫が陳列されるのは反対で、この子達全てに飼い主ができるのか、できなかったらこの子達はどうなるのかと思うと…悲しくなります。
私は、とある動物保護施設に少しでも足しにしてほしくて、募金させていただいてるんですが、その保護施設で面倒を見ている方々には頭が上がりません。こんな保護施設がなくならないよう願うばかりです。
本当は…殺処分が無くなるような世の中になるのが一番の願いですね。

SESOさんへ

すごいですね。
ペットショップに乗り込むなんて(^^)
この問題は国民全体が意識の改革をしないといけないので難しいですよね。
国が動くしかないんです。これ以上悲劇を増やしたくないですね。

kayokoさんへ

動物は物じゃないんだぞって言いたいですね。
募金されているkayokoさんは素晴らしいです。
国民みんながそういう気持ちを持ってくれるといいんですけどね。
なかなか難しいですよね。

No title

私の亡くなった愛犬(コッカ―スパニエル)は噛み癖があり私も何度も噛まれましたが、私にとってはとても可愛い子でした。(;^_^A

性質的に次の飼い主は絶対にいない。と思っていたので
「この子をみとるまでは死ねない!」
と思っていました。

飼うのであれば、どんな子であっても責任と愛情を持って飼ってほしいと思います。

ミコリーさんへ

その通りですね。
手に負えないのであれば訓練してもらえばいい話ですからね。
飼ったからには責任を持ってほしいものです。
    

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
916位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
163位
アクセスランキングを見る>>

お勧め

アマゾン

PR

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。