FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

チャールズ・マンソン

Author:チャールズ・マンソン
細々と既婚生活を送っています。

いらっしゃい

今見ている人

現在の閲覧者数:

写真AC

私の写真はここから ダウンロードできます。 クリエーター検索 チャールズマンソンで 検索してください。

インスタグラムもやっています

Instagram

小遣い稼ぎに

無料登録で小遣い稼ぎ

カテゴリ

最新コメント

パソコン買うなら

PR

クリックお願いします。

ブログランキングにも参加中

広告

広告

広告

    
            

スポンサーサイト

--/--/--
category - スポンサー広告
                         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

                         
            

子供たちに教えてもらう大切なこと

2018/02/24
category - つぶやき
コメント - 2
                         
また一人


三番目の子の学校の


四年生の子が亡くなりました。


辛いです。


通夜でご両親は毅然とした態度だったそうです。


きっと泣きたいはずなのになぜ?


どういう感情なのか


これは体験した人でないとわからないでしょう。


式場には母親が用意した


亡くなった子のメモリアルグッズが


所狭しと並べられていたそうです。


きっと我が子の死をまだ受け入れられてないんでしょうね。


葬儀の時なのか。


初七日の法要が終わったぐらいに


どっと悲しみが押し寄せてくるのかなぁ~


なんて思っていると


涙が出てきました。


命ってなんだろう。


生きるってなんだろうって


毎回考えさせられます。


命の大切さ


生きる喜びを


この子たちに教えてもらっているんです。


つまらないことでくよくよするなよって


言われている気がするんですよね。


三番目の子は


重い障害を持ちながら


いつも笑っています。


その笑顔にいつも助けてもらっています。


どんなに苦しい時でも


笑っていれば何とかなる。


そう教えてもらっています。


子供は子であり


また教師でもあるんですね。
スポンサーサイト
                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

                         

コメント

非公開コメント

No title

親よりも子が先に逝くのは辛いですね・・・

でも反対に、親亡きあとのことを考えて
「子供よりも1日でも長生きしなければ」
も障害児を持つ親の気持ちであったりもします。

ミコリーさんへ

そうですね。
できるだけ長生きして最後まで看てあげなきゃって
思います。
他の兄弟のためにも。
    

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
916位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
163位
アクセスランキングを見る>>

お勧め

アマゾン

PR

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。