FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

チャールズ・マンソン

Author:チャールズ・マンソン
細々と既婚生活を送っています。

いらっしゃい

今見ている人

現在の閲覧者数:

写真AC

私の写真はここから ダウンロードできます。 クリエーター検索 チャールズマンソンで 検索してください。

インスタグラムもやっています

Instagram

小遣い稼ぎに

無料登録で小遣い稼ぎ

カテゴリ

最新コメント

パソコン買うなら

PR

クリックお願いします。

ブログランキングにも参加中

広告

広告

広告

    
            

スポンサーサイト

--/--/--
category - スポンサー広告
                         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

                         
            

泣けた!!

2018/01/22
category - つぶやき
コメント - 0
                         
記事を読んで泣いてしまいました。


2人目の子どもがゴーシェ病という難病を抱え生まれてきて


余命2年のはずが現在中学3年生まで成長。


病気を受容するに至るまでの心の葛藤。


すごく心に響きました。


この記事にもあったんですが


障害を持った子供の両親と


よく接するんですが


皆さん明るくたくましく力強く生きています。


そんな姿を見ると


自分自身とても励まされます。


毎日泣いた日々もありました。


でも泣いたってしょうがないんですよね。


きっと皆さんそういう時期を乗り越えてきたんだろうと思います。


でもきっと明るく振舞ってはいますが


心の中は泣いているんだと思います。


自分もそうですから。


記事の中でぐっと来た一節を紹介します。


凌雅君は体調を崩すと、こども病院の4人部屋に入院しました。同じ病室には、3人の重症児が入院していました。母親たちは、明るく逞(たくま)しく、力強く生きていました。子どもたちは、やがて次々に命を落とします。凌雅君の母親は、そのたびに葬儀に足を運び、「子どもが死ぬなんてあってはならない」と思いました。

 子を失った母親が声をかけてきました。「うちの子の分まで、凌雅君をかわいがってね。応援しているよ」。

 凌雅君の母親は、「絶対に生き抜こう」と思いました。自分たちが母親たちからもらった勇気を、次に入院して来る子どもたちに伝えなくてはならない。命の松明(たいまつ)をつなげることが、自分たち家族の役割であり、凌雅が生まれてきた意味なんだと。

 凌雅君が2歳を過ぎた頃、両親は苦しみから解放されつつありました。わが子の病気を受容したと言ってもいいのかもしれません。もちろん、完全に吹っ切れたわけではありません。その後も、くり返し悲しみは襲ってきました。そういう時は、亡くなっていった子どもたちの顔を瞼(まぶた)の裏に思い浮かべ、その子たちの分まで精一杯生きようと心に誓いました。


生きているってとても尊いことなんだと


本当に思いますね。


全文はこちらから↓

『「2歳までしか生きられない」難病男児が中3に』
スポンサーサイト
                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

                         

コメント

非公開コメント

    

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
160位
アクセスランキングを見る>>

お勧め

アマゾン

PR

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。