FC2ブログ
ヘッダー画像

プロフィール

チャールズ・マンソン

Author:チャールズ・マンソン
細々と既婚生活を送っています。

いらっしゃい

今見ている人

現在の閲覧者数:

写真AC

私の写真はここから ダウンロードできます。 クリエーター検索 チャールズマンソンで 検索してください。

インスタグラムもやっています

Instagram

小遣い稼ぎに

無料登録で小遣い稼ぎ

カテゴリ

最新コメント

パソコン買うなら

PR

クリックお願いします。

ブログランキングにも参加中

広告

広告

広告

    
            

スポンサーサイト

--/--/--
category - スポンサー広告
                         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

                         
            

嫁の取扱説明書の教本発見

2018/01/13
category - つぶやき
コメント - 4
                         
どうやったら嫁に愛される夫になれるのだろ。


そうずっと考えてきたんです。


家事も育児も手伝い


接待もしないし


趣味で家をあけることもない。


休みの日は嫁を休ませ


こづかいもなく


無駄に何かを買ってくるわけでもない。


じゃあなんで


こんなに嫁に邪気に扱われるんだろう。


ネットで検索しても


妻の話をよく聞け


感謝の気持ちを伝えよう


家事育児に参加しよう


なんてことが書かれているけど


なんかしっくりこないし


俺やっているよなぁ~


なんてことばかり。


でもその中でも


なるほどと思わされた記事があったんです。


それを紹介したいと思います。


一つ目は


≪妻の好きなものを知ろう≫


「あそこのドーナツ買ってきたよ この前言っていたでしょ」

「スターウォーズ最新作借りてきたよ この前一緒に観たいって言ってたでしょ」


なんて


えっ知ってたの?よく覚えてたね!


なんていうものをぶっこんでこられると


ちゃんと私のこと見てくれているんだ。


興味を持ってくれているんだ。


と思わせられるそうです。


確かに記念日にはやってはいるけど


普段からとなるとなかなか


できていないなぁ~って思いました。


次に


≪妻の愚痴に反論するな≫


これはよく言われますが


この記事ではちょっと違う。


謝るんではなく


「わかった!」


その言葉は無敵だそうです。


嫁との喧嘩の中で


「すみませんでした」


という言葉を聞くことがあるが


なんか気持ちがこもっていないというか


逆にイラつくことがあるんですよね。


確かに「わかった」


という言葉がでると


『分かってくれたんだ』っていう気持ちになるのかもしれない。


そう思わせられる言葉じゃないですか。


なるほどと思いましたね。 


もう一つは


≪妻の興味に関心を持とう≫


○○のラーメンが食べたい!と言ったことを覚えていて実行してくれる。


この人の漫才が面白い!と言ったらその番組を録画しといてくれる。


ブログを始めたいといったらボーナスでノート型PCを買ってくれる。


きっと夫からしたら正直どうでもいい


そんな些細なわたしの興味を


さりげなくくみ取ってくれる。


自分は嫁が「○○がしたい」と言えば


「してきていいよ」と言ってきました。


この記事を読んで


これじゃあだめだったんだと気付きました。


「してきていいよ」というと


反対に


「どこにそんなお金があるん?」


「そんな時間どこにあるん?」


「誰とい行けばいい?」


「どこにある?」


そういう言葉が返ってきていたんです。


「してきていいよ」ではなく


つまり


連れていったり


買ってきたり


すればよかったんだという事だったんです。


その効果のひとつがクリスマスの


サンタからのマッサージのギフト券です。


凄く喜んでいましたから。


なんか逆に気を使って


買ってきたらなんか言われるかもとか


行こうと言ったら何か言われるかもと


そんなことばかり考えて


行動には移さず


嫁に投げやりになってしまっていたことが


悪かったのだと。


そこまでを女性が求めていたとは


思ってもみなかった。


本当になるほどです。


「してきていいよ」は


「してくれば」と興味がないように感じさせていたということです。


嫁としては『寄り添ってほしい』


そう思っていたのではないでしょうか。


妻に愛される夫で大事なことは


≪妻を否定しない人≫


それに尽きるという事です。


自分は嫁が怒らないように


嫁が嫌なことはしないと思い生活していましたが


実は引き算的な考えではなく


足し算で物事を考えるという事だったんですね。


なんかすごい説得力のある記事でした。





参考にした記事~妻の取扱説明書~



スポンサーサイト
                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

                         

コメント

非公開コメント

No title

奥様、本当に幸せ者ですね(*'ω'*)
こんな風にいろいろと考えてくれている、というだけでもう十分幸せですよ~!

うちの旦那は・・・、と考えてみましたが、もちろんどれもやってくれてませーーん。
いい意味で放任、悪く言えば無関心の旦那です。(お互い様かな)

とりせつ

興味深いですね。
これを読んで、思わず夫の取扱説明書って検索してしまいました。笑

でもこうして一生懸命考えて下さるご主人、優しいなぁ・・

しおさんへ

ありがとうございます(^^)
何だかんだいって嫁に愛されたいですからね。
うちの嫁さんは扱いがS級に難しいので
試行錯誤を繰り返しております。

ふゆこさんへ

男女はやっぱり考え方が全然違うんだということが解りますね。
上手く言っている夫婦はどちらかが合わせてくれているんでしょうね。
お互いご苦労様ですよ(^^)
    

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
160位
アクセスランキングを見る>>

お勧め

アマゾン

PR

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。