ヘッダー画像

プロフィール

チャールズ・マンソン

Author:チャールズ・マンソン
細々と既婚生活を送っています。

いらっしゃい

今見ている人

現在の閲覧者数:

写真AC

私の写真はここから ダウンロードできます。 クリエーター検索 チャールズマンソンで 検索してください。

インスタグラムもやっています

Instagram

小遣い稼ぎに

無料登録で小遣い稼ぎ

カテゴリ

最新コメント

パソコン買うなら

PR

クリックお願いします。

ブログランキングにも参加中

広告

広告

広告

    
            

爪あとを残すが・・・

2017/08/09
category - 愚痴
コメント - 2
                         
嫁の怒りは自然災害によく似ている。


多少の予兆とともに突如として起こり


すべてをめちゃくちゃに破壊していく


そして何事もなかったがごとく


過ぎ去っていくのだ。


そのあとには深く傷ついた心だけが


根深く残る。


その災害の脅威にはうつすべはなく


ただただ過ぎ去るのを


身を震わせながら見守ることしかできない。


その嵐が過ぎ去った次の日の朝。


嫁がこう切り出してきた。


「今日義祖母にお中元を持っていかない?」


俺は戸惑った。


昨日まで


『私は誰も助けてくれない 逃げられない

 そちらは楽しんでの疲れ 私は育児家事の疲れ

 帰りたくないから帰らないなんて羨ましい 私もやってみたい

 一度崩れた関係は思った以上にもろく修正が困難

 帰宅恐怖症にさせているのは私 でもその私を作っているのはあなた

 あなたはよくやっていますが私もよくやっています』


このようなLINEを送り続けていたのに


急にそうなります?


あまりの奇妙奇天烈な発言におもわず笑いが出た。


「こんな時に(喧嘩してるとき)行く??」


おもわず出たひと言


すると嫁は不機嫌そうに


「じゃあ いつ行くん?自分考えてるの?」


もちろん考えてはいない。


俺の休みに自分の予定を入れることなんてないからだ。


俺はカレンダーとにらめっこしながら考えた。


こんな状況で行きたくはないが


行かないならいかないで


きっとまた不機嫌になるに違いない。


しかなく祖母に家にいるか確認の電話を入れた。


家に居るが何時に来るか聞かれたので


「何時ぐらいに行く?」


と尋ねると


「決めて」と冷たくあしらわれた。


ここは心を仏にしてみんなのアドバイスどおり


ランチをみんなでしてから祖母の家に行くことにした。


夕飯の準備を済ませると


家を出た。


その後は終始機嫌は良くホッとした。


作戦成功と言ったところだろうか。


その晩一番上の子が


「お父さん おばあちゃんの家に行ったの正解やったね

  だってお母さん機嫌よくなったやん」


と言ってきたのでなんかおかしくて笑いが出た。


嫁の機嫌は良くなったものの


心に負った傷がいえるのには


しばらく時間が掛かるであろう。


そしてなんでここまで


振り回されなければならないのだろうと


何とも言えぬ気持になるのだった。
スポンサーサイト
                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。
キャンプ中のラインのことや、今回のこと。
奥様の気持ちなんだか少しわかる気がします。
チャールズ・マンソンさんはよくやってらっしゃるのもわかりますし。

夫婦って本当に何なんでしょうね???

まるちんままさんへ

夫婦という課題については自分も答えが出ていません(笑)
本当になんなんでしょうね(^^;
    

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

お勧め

アマゾン

PR

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR