ヘッダー画像

プロフィール

チャールズ・マンソン

Author:チャールズ・マンソン
細々と既婚生活を送っています。

いらっしゃい

今見ている人

現在の閲覧者数:

写真AC

私の写真はここから ダウンロードできます。 クリエーター検索 チャールズマンソンで 検索してください。

インスタグラムもやっています

Instagram

小遣い稼ぎに

無料登録で小遣い稼ぎ

カテゴリ

最新コメント

パソコン買うなら

PR

クリックお願いします。

ブログランキングにも参加中

広告

広告

広告

    
            

孤高の兵士チャールズ

2017/04/19
category - 親ばか
コメント - 4
                         
今日は仕事が休みだったので


三番目の子の支援学校に送迎待機に行った。


以前にも書いたが


経管栄養、吸引、酸素吸入のような医療的処置が


必要な子は送迎バスでの送迎はしてもらえないし


医療的処置の方法を先生が熟知し


国からの承認を得るまでの最低2ヶ月は


学校内で待機しておく必要がある。


なんなんだろうって思いますがそれが現実。


ただこんなに慎重なのは学校だけ。


デイケアやショートステイなどは


一、二度説明すればやってくれるのに。


やはり国が絡むと何かあったときの


補償問題なんかがあるからなのだろうか。


まあ制度の愚痴はさておき


ということで行ってきた。


片道40分かけて(なおも愚痴)(笑)


学校に着くと先生に保護者待機室に


案内された。


鍵がかかっていて


『何で鍵までかけんの』


と思っていると


想像ではテーブルと椅子のみ


の部屋が


電気ポットやらコップやらがあり


何かは分からないが


資料的なものが・・・


そして畳だった。


どうやらPTAが使っている部屋のようだ。


暇なので部屋に貼ってある


ベルマークの集計の仕方というポスターを


眺めていると(どうやら1、2年生の仕事)


一人4、50代ぐらいの女性の方が


入ってきたので


この人も待機の人なのかなと思いつつ


軽く挨拶を交わすと


その方が


「待機ですか?大変ですね」


と声をかけてきた。


『大変ですね??ということはこの人は』と考えていると


「高等部のものです」といわれたので


『高等部になっても待機!!』


とビビリ上がっていると


またまた違う4、50代ぐらいの女性の方が


入ってきてまたまた思いをめぐらせていると


二人でなにやら資料をまとめている様子。


そこでやっと正体が判明した。


『なるほどPTAの役員さんだな』


合同で使っているということは肩身が狭い。


情報によると目をつけられたら


嫌がらせを受ける。


なんて情報があるから


なんか変な気分になる。


俺が目をつけられたら


嫌がらせを受けるのは


嫁であることは間違いない。


俺のせいで嫁がいじめにあっては面目ない。


ただでさえ目立つのに


目立たないようにするのは難しい。


ここは静かにしておこうと


テーブルの上にある資料をみていると


「ポットのお湯が昨日から沸かしっぱなしなんだけど」


との声が


『ポットのお湯は保護者が片付けるのだ』


ということを知ったのと同時に


『昨日といえば嫁がこの部屋を使用したはず


まさか嫁が何も知らなくて入れっぱなしにして帰ったのでは』


と思い一瞬ドキッとしたが


その一人が


「昨日○○さんが片付けてた気がしたんですけど


  すみませんちゃんと確認します」というのを聞いて


ほっとした。


でもそのPTAの人たち


コーヒーを入れてくれたり


座布団出してくれたり


「暇でしょ」と過去の学校新聞を見せてくれたりと


意外と親切にしてくれた。


ただ過去の新聞なんか見ても正直面白くもなんともない。


自分のこどもは出てないのだから。


でも見ないとなんか失礼だし


ほかにすることがない。


仕方ないから読んでいると


もう一人


今度はちょっと若目の女性が入ってきた。


PTAの人たちとは軽く挨拶を交わすだけだったので


この人は待機の人だなということが


すぐに分かった。


何か話かけてくるわけでもなく


ずっとスマホをいじる女性。


これが正しい過ごし方だ。


鋼鉄のよろいをまとって微動だにせず守っている兵士。


この人を兵士ちゃんと名づけよう。


ただこの兵士ちゃん


LINEの音がでかい。


ちょっとびくっとするほどの音を


短時間で連発してくる。


本当の戦をはじめる気なのかとドキドキする。


普通なら音量を落とすだろう。


俺はその戦には参戦しまいと


結局その面白くもない新聞を二時間読み続けるはまになった。


LINEという名の雄たけびを上げているさなか


隙を突いて腹が減っては戦はできぬと


食料を調達に城の外へと逃走。


野原で一人腹ごしらえをすることに・・・


そんなやんわで


やっと俺の出番の給食となり


その役目を終えると


学校を後にしたのは14時。


帰宅すると傷を負った兵士がもう一人


その傷ついた兵士を休ませると


甲冑を身にまとわない孤高の兵士


チャールズの戦いは深夜まで続くのだった。

スポンサーサイト
                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

コメント

非公開コメント

チャールズマンソンさんへ

お疲れ様でした。

がんばって下さいと言ってしまうとあれなんで、元気出して行きましょう❗
男には、外に出れば七人の敵がいますからね。

No title

待機とは・・・もしかして奥様は朝から学校が終わるまでその部屋に?毎日?
40分かけての送迎だけでも大変だと思ったのに、待機してないといけないんですか?
赤ちゃんと一緒に??
いつまで??
全く知らなかった現実にちょっとビビッてます。(汗)

ひびきさんへ

そうですね。
世の中敵だらけですよね(笑)
ねぎらいのお言葉すごくありがたいです(^^)
元気出して頑張ります!!

とろさうるすさんへ

そうなんです(^^;
ただでさえ重障の子を抱えている家の人たちは
疲れているのに
もっと疲れさせるようなことをするってどいう事なんだと
思いませんか。
国は使うべきところにお金を使っていないんですよね。
大変なんでそういう境遇の子供たちは毎日は登校できていないのが現状です(;;)
最低でも2か月は許可がおりるまでかかるという事なんで・・・
でも行かないことには許可もいつまでたってもおりない
というのが現状です。
    

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>

お勧め

アマゾン

PR

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR