類人猿に並ぶ知性を持つ動物

日本でも人気の動物


「ゾウ」






この動物はかなり知性の高いといわれています。


動物の知性を計ろうと


いままで人間はあらゆるテストを


あらゆる動物に施してきました。


その最たるものが「ミラーテスト」で


鏡を見た動物が自分の姿にどう反応するかによって


その動物が自己認識できるかどうかを調べられるそうです。


このミラーテストでは


何段階かある規定の反応を


全てクリアした動物だけが自己認識を持っていると


確証されるそう。


人間はあたりまえにできるかもしれないけど


動物にはかなりの難関試験で


いまのところの合格者は


チンパンジーなどの類人猿(ゴリラだけなんと不合格)


ゾウ、イルカ、カササギという鳥のみ。


しかしミラーテストだけで


動物の自己認識能力をちゃんと


評価できているんでしょうか?


ということで開発されたのが


「Body-Awareness Test(体認識テスト)」。


どんなテストかというと


まず目立たない色のマットの先端にひもをとりつけ


ひもの先に短い棒を結びます。


次にマットの手前に研究者が立ち


ゾウさんを呼び寄せます。


するとゾウさんはマットに上に乗っかってくるので


研究者はすかさず棒きれを渡すように号令をかけます。


マットは自分の重みで固定されているので


棒を渡すことができません。


ゾウさんはこれを瞬時に理解して


自分からマットを降りて棒を渡すことに成功します。


これを12頭のアジアゾウにテストした結果


90%近い成功率だったそうです。


人間では月齢18ヵ月ほどで


自己認識できるようになるといいます。


自己認識とは


単純にいえば自分という存在を環境から


切り離して考えられる能力。


12ヶ月から18ヶ月の赤ちゃんの実験では


マットにショッピングカートを紐で結び


ショッピングカートを押させるという


実験をしました。


18ヵ月以上の赤ちゃんたちは


「自分」を「他人」や「環境」から


切り離してとらえることができるため


自分のせいでショッピングカーとが


動かないということを


理解できるのだそうです。


そして、自己認識できるようになってから


はじめて他人と共感したり


独自の視点を持ったり


自分自身を客観的に見られたりと


高度な認知能力が備わると考えられています。


そう!!


そのような高度な認知能力を


ゾウは持っているということになるのです。



0610象さん





【Rinnai】”料理好き”のための実力派コンロ「Vamo.(バーモ)」

プロが認めた炊飯器 CUCKOO New圧力名人

このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


| 雑学 | コメント(0)