ヘッダー画像

プロフィール

チャールズ・マンソン

Author:チャールズ・マンソン
細々と既婚生活を送っています。

いらっしゃい

今見ている人

現在の閲覧者数:

写真AC

私の写真はここから ダウンロードできます。 クリエーター検索 チャールズマンソンで 検索してください。

インスタグラムもやっています

Instagram

小遣い稼ぎに

無料登録で小遣い稼ぎ

カテゴリ

最新コメント

パソコン買うなら

PR

クリックお願いします。

ブログランキングにも参加中

広告

広告

広告

    
            

待望のアルバム発売するが!!

2017/05/31
category - 楽しみ
コメント - 4
                         
ついに出ました。


待望のNEWアルバム


『MAJESTIC』



MAJESTIC (初回完全限定盤)


ドラゴンアッシュの3年4ヶ月ぶりのフルアルバムが


5月31日


今日発売だったんです。


嫁も自分が好きだということを知っていたので


昨日嫁に明日発売なんだって


ってテンションあげていってみたけど


「買っていいよ」


という言葉は聞かれませんでした(笑)


間接的過ぎたか!!


ということでネット上で聞いてみましたが


なかなかのできでした。


やはりこいつらは天才だと


思いましたね。


常に新しい音楽を想像し続ける。


彼らの音楽にはいつも驚かされます。


デビューして20年


初のMステにも出演していましたね。


録画を見ようかと思ってら


嫁に消されてました(;;)


これも動画上で見ました(笑)


髪型が5~6年前の自分とかぶっていたので


「パクッてんじゃん!」


って突っ込みを入れました。


一番上の子がMステをみて


「お父さんこの人の髪型真似しとるやん」


と言ったと嫁に聞いたので


「この人が真似しとんじゃい!」


って教えてあげました(笑)


その5~6年前の俺の髪形を想像して


観てください。




この曲を聴くと「あっ俺達のことだ」って思った


好きだった曲です。


『grateful days』




最近の曲ですきなのは


『運命共同体』






                
スポンサーサイト
                
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

            

一眼レフへの間違った認識

2017/05/30
category - 写真
コメント - 4
                         







Amazon Fashion Final Sale



今日は一眼レフの魅力なんかについて


熱く語っちゃおうかななんて思っています。


一眼レフの印象って


世間的には高級カメラで


綺麗な写真が撮れる。


といったイメージをもっている人が


多いいのではないかと思います。


確かに高いし


綺麗な写真が撮れます。


でも正直いって


知識がない人が撮るなら


スマホやコンパクトデジタルカメラ


のほうが綺麗に撮れると思います。


シャッターを切ればカメラが勝手に


考えて撮ってくれるのですから。


実は一眼レフは


もちろん勝手に撮ってくれる


AUTOという機能もあります。


でもAUTOで撮るなら一眼レフはいらないんです。


正直スマホやコンデジで撮る画と


大して変わらない画しか撮れません。


AUTOモードで撮ると


カメラがいいように本来の姿を変えて


写してしまうんです。


意味が分からないでしょうけど


暗い場所は明るく


明るい場所は暗く


光の反射を抑えたり


肌の色


空の色


森の色


など勝手に修正してしまうんです。


撮ったけど実物と色彩感が違う。


なんてことになってしまう。


それではせっかくの美しいものが台無しになってしまいます。


美しいものを美しく撮る。


これが一眼レフの醍醐味のひとつです。


一眼レフを買われた方で


最初にぶち当たる壁は


『ブレて撮れない』


ではないでしょうか。


暗い場所では光の量が足りないため


シャッタースピードを遅くしないと


暗く写るので


カメラが勝手に明るく写そうとして


シャッタースピードを遅くするんです。


シャッタースピードが遅いということは


動いているものにスピードが追いつかず


ブレて写るということになります。


そこで設定を手動で操作するわけなんですが


奥の奥まで話し出すと


一冊の本になっちゃうんで


話しませんが


軽くいうと


絞り、ISO、露出、ホワイトバランス、シャッタースピード、


オートフォーカス、マニュアルフォーカス


これらの設定をカリカリと動かしながら撮るんです。


『面倒くさいじゃん』と思うかもしれませんが


それが面白いんです。


自分の思い浮かべたビジョンを


画像に納める。


こんな素敵なことありますか。


絞りだけでいうと


絞りをF値というんですが


数が小さいと明るい写真が撮れます。


そして背景のボケ感が大きくなります。


例えばこれ


0506本


シグマ 30mm F1.4 EX DC デジタル専用 HSM ニコン用で撮影





絞り値F1.4 シャッタースピード1/30秒 ISO-200 露出補正なし


という設定で撮っています。


室内照明で撮っていますが明るく


背景のボケ感が出ているのが分かりますよね。


ボケという点では


一眼レフのひとつの魅力でもありますが


風景などではボケすぎて


背景がなんなのか分からないなんて


風景画として成り立たないでしょ。


そんなときにF値を大きくすればいいんです。


ただ問題はF値を大きくすると


多くの光を必要とするため


暗い写真になる。


暗い写真だと


明るくするためにシャッタースピードが落ちる。


だから三脚でカメラを固定して


ブレないように撮ろうとなるわけです。


例えば


0530風景


Nikon 高倍率ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II ニコンDXフォーマット専用で撮影





絞り値F13 シャッタースピード1/250秒 ISO-200 露出補正-0.3


という設定で撮っています。


背景がしっかり写っているでしょ。


こんな感じで設定を自分でいじって


自分好みの画を作るわけです。


面白いでしょ。


あと忘れてはいけないのが


一眼レフは


スマホやコンデジのように


近くから遠くまで撮れるわけではない。


スマホやコンデジなら


チューリップモードで近くのものから


望遠で遠くのものまで撮れますが


一眼レフではそうはいきません。


レンズを換える必要があります。


ただ 


画のクオリティーは


スマホやコンデジのミクロや望遠の


比ではありません。


しかしレンズが高価なんです。


この魅力に取り付かれると


高価なカメラやレンズが欲しくなり


毎日侍が刀を肩身はなさず持っているかのごとく


どこに行くにも持ち歩くようになるんですよ。


車に乗っているときも


シャッターチャンスを逃すまいと


膝に乗せているぐらいです。


軽く語っただけでこんな長文になってしまいました。


つまらない話に長々と


お付き合いしてくれた方ありがとうございます。


侍になりたいという方は


是非一眼レフを買ってみてくださいね。



                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

            

車の下に隠れる

2017/05/29
category - 写真
コメント - 0
                         




Amazon Fashion Final Sale



猫って何で車の下にもぐりこむんでしょうね。


猫の敵はやはり人ということなのかな?


『人は車の下にはもぐっていけない』


とうことを知っている。


他の動物を避けるなら


車の下には隠れないような気がするけどな。


空から攻撃されるとするなら


相当大きな鳥でないと


猫はなかなか持ち上がらないと思うけどね。


色々考えても野良猫の敵は人間なんだろうな。


悲しいけれども。




                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

            

今年も狩りが始まりました

2017/05/28
category - トカゲ
コメント - 4
                         





Amazon Fashion Final Sale









0528今年の獲物



こんなん獲れましたけど



0528あの影は




あの影はいったい!!



0528そうかなちゃん



そう!!かなちゃんです



今年初の大物獲物は



もうかなちゃんの視界に入っています



0528野生のかな



これが野生のかなちゃんの姿です



オーマイゴッド!!



にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村








                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

            

フトアゴヒゲトカゲを飼ってみよう

2017/05/26
category - トカゲ
コメント - 4
                         
0110ウサギ帽4








Amazon Fashion Final Sale


爬虫類を飼っていて1番気になるのは


電気代


電気ランプが二つも三つも付いているのだから


ちょっと心配になると思う。


実際にどのくらい電気代がかかっているのか


調べてみると。


電気代のかかるランプは


バスキングライト・紫外線球・保温球の三つ


ネットなどで調べた適性のワット数は


それぞれ50W~100Wとされている


このワット数でどのくらいの電気代がかかっているのか


ネットの電気代計算のサイトで計算してみると


バスキングライト・紫外線球を一日10時間点灯

保温球を地域や季節によって異なるが一日10時間点灯したと仮定すると


1018円~2036円(九州電力)かかる計算になる。


果たしてこんなにワット数は必要なのだろうか?


最小の電力で試してみた。


バスキングライトをカミハタのネオハロゲン27W










紫外線球をレプティサン10.0 UVB 13W








保温球をインフラレッドスポット40W








この三つのワット数で計算すると


528円でそんなにかからない。


でも温度が保てるか気になったので


保温性を高めるため


ケージの三面に厚さ1.5センチの発泡スチロールを貼り付ける。


昼間の温度は32度 バスキング直下で45度

夜は28度を保てている。


これならにもフトアゴにも大丈夫。


にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

爬虫類 ブログランキングへ


0515かなちゃん2


『飼ってねぇ~♪』



                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

            

猫のジャンプ力

2017/05/25
category - 雑学
コメント - 6
                         

自分よりも背の高い塀を


ヒョイっと登っていく野良猫や


共にじゃれている時に見せる


とびきり高いジャンプを


見かけたことがあるかと思います。


人間の比ではない猫のジャンプ力


いったいどうやってジャンプしたら


あんなにジャンプできるんだろう。


疑問ですよね。


猫は驚くことに


自分の身長の4~5倍ほどの高さを


ジャンプすることが出来るといいます。





なぜそこまで


自分の身長をはるかに超える


高いジャンプが出来るのか?


その秘密は


「柔らかい関節」と


「背骨のばね」と


「後ろ足の強力なキック」にあるようです。


猫は元々狩りをしていた動物で


圧倒的なスピードと


瞬発力を武器に獲物をとらえていました。


脚力は動物の中でもかなりのもの。


猫が本気で走ったら


なんと時速50km弱をたたき出すそうです。


猫のご先祖さまは


もともと木の上で生活していた


可能性が高いといわれています。


すなわち


木を上り下りする能力


木から木へ飛び移る能力の


高さを表してるのです。


普段から他の動物よりも


「脚」を多く使っていたこと


高いところでの生活から


生まれた身体の柔軟性


それらが現代の猫まで


遺伝として残っているのでしょう。


そんなルーツがあることから


猫の驚異のジャンプ力が


自然と身に付いているのも分かる気がしますね。


人間の垂直とびのギネス記録が「129センチ」です。


人間であらわすと


猫の垂直とびの高さは


170センチの人であらわすと


何と「8メートル50センチ」


いかに猫のジャンプ力がすごいかが分かります。


恐ろしいほどのジャンプ力。


これは猫のルーツから来たものということが


分かりましたね。





【関連記事】

『猫の体内時計はロレックス並みに精確』

『猫の爪の不思議』

『猫のお土産の意味』

『猫は日向ぼっこがお好き』

『実は社交的な猫』

『猫は狭いところがお好き』

『猫は死期を感じ取る能力を持つ』

『猫はどのくらいの高さから落ちても大丈夫?』

『猫は集会で何を話している』

『猫の首振り速さを知る』

『猫が無表情なのにはわけがある』

『猫はなぜ爪を研ぐ』






                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

            

ちょっとした自慢話

2017/05/24
category - つぶやき
コメント - 18
                         
実は私


結婚する前は


ストリートでは結構有名人だったんです。


何故かというと


何度か雑誌に載ったからです。


0524コーデ4


横にいるのは嫁さんです。


0524コーデ3


これが1番若いときかな?


0524コーデ5


この頃は自由に服が買えていたなぁ~と


思っちゃったりして。


そして一度だけ巻頭を飾ったことがあるからです。


0524巻頭



ちょっとした自慢なんですけど


今ではただの親父になってしまいました。


本棚の整理をしていたら


この雑誌が出てきたもんで


懐かしく思い載せちゃいましたが


こんなことを自慢している


自分が恥ずかしい。


ネタのひとつとして


処理してください。


                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

            

うちのペットの○○

2017/05/23
category - トカゲ
コメント - 6
                         
前にも紹介しましtが


家には放し飼いのペットがいます。


そうアシダカグモです。


0523アシダカグモ



その姿を見せてくれたので



紹介したいと思います。



アシダカグモの足田由美子です。



こいつは二代目で



先代は周平と呼んでいました。



由美子のおかげで



うちのゴキブリはほとんど



出没することはありません。



冬場はかなちゃんの餌として



本当はゴキちゃんも重宝するのですが



0523かなちゃん



『こら!!私の餌を食べるなぁ~!!』



なんていう愚痴も聞いております(笑)
                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

            

浮気はよくない

2017/05/22
category - つぶやき
コメント - 2
                         
先日D500をカメラ屋さんへ


見に行ってきたのですが


なんかしっくりこない。


原因はシャッター音です。


気持ちよくないんですよね。


胸が躍らない。


これはきっと自分にしか分からない。


今もっているD90を選ぶときも


1番気にしたのがシャッター音。


中級機で色々試したんですが


D90が気持ちよいシャッター音で


心地よかったんですよね。


買い換えようと思っていた自分が


恥ずかしく思えてきました。


やっぱりD90が1番心地よい。


自分になじむ機種だなぁ~と


改めて実感しました。


なので買い替えはしばらく保留です。


しかしそんななかで


次なる自分が目標とするものが


現れました。


ニコンDfです。





シッター音が実に気持ちいい。


設定がダイヤルでできるので


分かりやすいし


写真好きにはたまらない。


フルサイズなのでレンズの買い替えも必要だな。


レトロなボディーもかなりの魅力。


次はこれだなと


心からそう思った。


                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

            

フトアゴヒゲトカゲ珍道中

2017/05/21
category - トカゲ
コメント - 4
                         
かなちゃんが完全に


植物食になるのっていつなんだろう。


0521かな1



確かに野菜は食べるんだけど



やっぱり虫も食べるんだよね。



0521かな2



別に困っているわけではないけど



0521かな3



かなちゃんの身体的にはどうなんだろう。



0521かな4



でも美味しそうに小松菜を



食べてる姿を見ていると



0521かな5



「大丈夫だろう」と思ってしまう。



『う~ん♪デリシャス♪』
                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

    

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>

お勧め

アマゾン

PR

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR