ヘッダー画像

プロフィール

チャールズ・マンソン

Author:チャールズ・マンソン
細々と既婚生活を送っています。

いらっしゃい

今見ている人

現在の閲覧者数:

写真AC

私の写真はここから ダウンロードできます。 クリエーター検索 チャールズマンソンで 検索してください。

インスタグラムもやっています

Instagram

小遣い稼ぎに

無料登録で小遣い稼ぎ

カテゴリ

最新コメント

パソコン買うなら

PR

クリックお願いします。

ブログランキングにも参加中

広告

広告

広告

    
            

ぶっ飛んだカエル

2017/04/13
category - 雑学
コメント - 2
                         
エクアドルの森の中でカエルの新種が見つかった。


というニュースが入ってきた。


カエル


そのカエルマジですごい。


学校では、カエルは水中に卵を産むと教わる。


しかし、この森はとても傾斜が激しいので


湖や池はほとんどない。


これによって


直接発生と呼ばれる適応が起こった。


メスは植物や落ち葉など


湿った場所であればどこにでも卵を産み


そこから生まれる子供は


なんと完全なカエルの形をしているのだ。


つまり、オタマジャクシの段階を完全に飛ばしてしまうというのだ。


逆境とも呼べる環境に適応することによって


カエルはこの森で暮らし


繁栄することができたのだ。


適応できなければ


この森にこのカエルは見られなかったはず。


しかし、すでに絶滅の危機に瀕している可能性が高い。


新種のカエルを発見したのは


エクアドルのキトにある


サン・フランシスコ・デ・キト大学の


進化生物学者フアン・マヌエル・グアヤサミン氏のチームだ。


実は、このチームは新種を探していたわけではなく


既知の種を詳しく調べようとしていただけだった。


しかし、研究チームはあることに気づいた。


北部の海岸地域チョコにすむカエルと


アンデス山脈のふもとのカエルでは


体の模様に思わぬ違いがあったのだ。


まずは写真でそれが明らかになり


実験室の標本でも確認できた。


北のカエルの線は縦向きだが


南のカエルの線はどちらかというと網目状になっている。


さらに、目の色も違った。


そこで、遺伝子を調べてみることにした。

 
遺伝子の分析によって


彼らの観察眼が正しかったことが確認された。


これらのカラフルなカエルは


それぞれ別の種だったのだ。


新種はP. ecuadorensisと名付けられ


科学誌「PLOS ONE」で発表された。


しかし、このカエルは非常に珍しいうえ


生息地は狭く、脅かされている。


グアヤサミン氏は、このカエルはすでに


国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストの


絶滅危惧種(endangered)の基準を満たしていると言う。


動物が山や川などにより地理的に


隔離された状態が長く続くと


進化によって新種が生まれることがある。


今回の場合は、


カエルが大きな川によって


他の種から物理的に隔てられたことで


新しい環境に適応して別の遺伝子を


持つようになったものと考えられている。


新種のカエルが生息しているのは


エクアドルの雲霧林の限られた場所だけだ。


他のカエルの生息地よりも


350メートル以上標高が高く


しかも急斜面になった環境だ。


このような森から


珍しい特性を持つカエルが生まれた。


 しかし、こういった場所も


決して手つかずの自然のままというわけではない。


現在エクアドルでは


海岸沿いの森林はほとんど伐採され


草地や農地にされている。


海岸沿いで見つかるものはみな


すでに危機に直面している。


このニュースの良い点は


そこに新種のカエルがいるのがわかったこと。


それによって


何か手を打つことができるようになる。


研究チームを率いたグアヤサミン氏は


この研究がエクアドル北部沿岸の


環境保護につながることを願っている。


沿岸部はさまざまな種の宝庫だが


熱帯地域に比べて保護されている場所は少ない。


早急に見直す必要があるのではないだろうか。


かけがえのない地球を守るのは


私たち人間にしかできないのだから。



                
スポンサーサイト
                
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

    

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
145位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>

お勧め

アマゾン

PR

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR