スーツのジャケットのポケットの謎

スーツなんか着ることなんて


数年に一回あるかないかなんですが


いつも気になっていて


調べずじまいでいたことがあります。


それはスーツのジャケットのポケットについている


『ひらひら』


スーツ



ポケットにしまう事もできるし


出すこともできる。


これは何だろう?


出すのが正しいのか?


直しておくのが正しいのか?


タダの飾りか?


意味を持つものなのか?


という事です。


ファッションの一部なんだろうなと


昔は思っていたんですが


絶対に何か意味があるはずだと


思ったので調べてみました。


あのスーツの上着のポケットの『びらびら』は


「フラップ(雨蓋)」と言いうそうです。


日本語では雨蓋と呼ばれているように


本来の機能は外出時に雨や砂埃などが


入らないように作られたものらしいのです。


フラップの本来の機能は


外出時の雨や砂埃除けですね。


ですので屋内ではフラップを入れて


屋外ではフラップを出す


というのが基本マナーという事になります。


という事で正式な場では


フラップを出しているという事は


御法度という事になります。


ですから初めから中に入れておくという事が


無難かと思われます。


面接などではそういうところもみられているそうなので


注意していてください。


しかしフォーマルスーツには初めから


フラップはついていないそうです。


もう一つ


タキシードにもついていないという事です。


また一つ勉強になりましたね。







【Rinnai】”料理好き”のための実力派コンロ「Vamo.(バーモ)」

プロが認めた炊飯器 CUCKOO New圧力名人

このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


| 雑学 | コメント(4)