夢の搾乳機

嫁が「搾乳機が欲しい」といっていたので


探してみると


画期的な搾乳機を発見!!


2017年1月5日~8日にラスベガスで開催された


世界最大級の民生機器テクノロジーの見本市で


チューブ不要のワイヤレス搾乳機を発表。


ウィロー1



搾乳機をブラジャーの中に入れる形で装着し


本体に内蔵されたドーナツ型のバッグに


母乳がたまるというオールインワンのシステムになっている。


憂いロー2



つまり家事をしながら搾乳ができるということ。


ウイロー3



機能も充実していて


搾乳された母乳がバッグにいっぱいになったら自動でストップ。


バッグのまま冷凍可能。


バッグは片方120ミリリットルの母乳が入る。


ウィロー4



フル充電で最大2日間使用可能。


従来の電動搾乳機よりも音も静か。


スマートフォンと連動して使用すると


自動的にアプリで搾乳の日付


合計時間


ミルクの量を記録してくれるらしい。


2017年春よりアメリカで発売。


日本でも発売は今のところ未定のようだ。


しかし値段が高い。


販売価格は約5万円。


びっくり価格!!


アメリカではオバマなんたらで


国からの払い戻しが受けられ


実質無料で手に入るらしい。


日本でもそういう制度が欲しいものだ。


《関連記事》

『オイルヒーターで快適授乳を』

『人工知能の付いた冷蔵庫』

『GOPRO4徹底解析』

『どうしてもドローンが欲しい』

『洗濯物を取り込むときのひと手間を解消するハンガー』

『馬鹿が付くほど強い傘『ブラント・アンブレラ』』

『奇想天外 耐震シェルターベッド』

『海外で大人気『エアーソファー』』

『SDカードを抜かずに画像をPCやスマホに保存できるSDカード登場』

『想像を超えるゲーム機VR』

『これを使えば雨の日でも撮影できちゃう』

『沐浴がこんなに簡単に』

『絶対に必要な赤ちゃんグッズ』

『私が選ぶ「ロレックスベスト3」はこれだ』

『夢の搾乳機「ウィロー」登場』

『なんだこの椅子は!!』




【Rinnai】”料理好き”のための実力派コンロ「Vamo.(バーモ)」

プロが認めた炊飯器 CUCKOO New圧力名人

このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


| 知って得アイテム | コメント(6)