ヘッダー画像

プロフィール

チャールズ・マンソン

Author:チャールズ・マンソン
細々と既婚生活を送っています。

いらっしゃい

今見ている人

現在の閲覧者数:

写真AC

私の写真はここから ダウンロードできます。 クリエーター検索 チャールズマンソンで 検索してください。

インスタグラムもやっています

Instagram

小遣い稼ぎに

無料登録で小遣い稼ぎ

カテゴリ

最新コメント

パソコン買うなら

PR

クリックお願いします。

ブログランキングにも参加中

広告

広告

広告

    
            

どっちがノイローゼになる

2017/07/24
category - 愚痴
コメント - 2
                         
今日も仕事帰りに


嫁からLINEが


『ノイローゼになりそう』


不吉なLINE。


これは完全にダメなやつだ。


帰ると琴琳が泣いていて


上の子があやしていた。


上の子と抱っこしあやしていると


「私は美味しい物を食べれるわけでもないし


 一人でどこかに行くこともできない


  給料もらえんと思って主婦をなめてるんじゃない」


といっている。


きっと俺に対して言っているのだろうが


何で俺がそんな事を言われないといけないのかがよく分からない。


きっと昨日の結婚式の事を言っているのだろうが


それにしてもよく分からない。


俺としては友達と朝から晩まで遊びに行ってもらってもいっこうに構わない。


このブログをいつも見ていただいている方はご存知だと思うが


それを成し遂げるだけの能力を俺は持っている。


むしろ自分が投げ出した家事育児を


ちょちょいと片付けてしまうのが気に食わないのだろうか。


だから主婦をなめているなどという言葉が出てくるのではないか。


もっと俺ができない奴だったら


「ダメだお手上げ やっぱり君は凄いな」


ってなってうまく行っていたのかもしれない。


育児のノイローゼってそもそも何か知って言っているのか。


ノイローゼとは日常生活が正常に行えないほどのもの。


大げさにもほどがある。


しかも4人も育てているんだから


大体どうすればいいか分かるだろう。


それが俺は分かるからちょちょいとできるのだ。


ノイローゼになりそうなのは俺のほうだ。


毎日毎日帰ったらこの状態。


本当に嫌になる。


できなかったらできなかったでいいのに


そこで頑張ろうとするから


へんなことになる。


どっちにしてもできないのなら


笑って「できなかった」と言ってもらったほうがまだいい。


そんな嫁だったらかわいい奴ってなるのになぁ。


帰りたくない家なんて本当に最低だ。
                
スポンサーサイト
                
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

            

振り回されてばかり

2017/07/22
category - 愚痴
コメント - 10
                         
何で俺はこんなに振り回されなければいけないのか。


今日は小学校の夏休み恒例のお祭りが小学校の運動場である。


役員の人たちが出す出店があって


まあ普通に小学生が楽しめるイベント。


しかし日陰がないので鬼のように暑い。


毎年暑さで死にそうになるのだが


これもこどものため


出店は前もってチケットを購入して


チケットで支払うシステム。


食べ物なんかも事前にチケットを購入している。


今年はなぜか嫁が私行きたいと言い出した。


うちの嫁は身体が弱く


一日イオンに遊びに行っただけで


丸二日寝込むほど。


この祭りは凄い暑いし


明日は子供達のピアノの発表会。


寝込まれては困るので


疲れるからやめるように言ったのだが


夕方涼しくなってから行けばいいとか


途中で変わればいいとかで


行く気でいた。


いや俺が勝手に嫁は行く気でいるものと思っていたのか。


今日は朝から琴琳を俺に預け


二階で寝ていた。


10:30ごろに一度リビングに降りてきた。


特に体調も悪くはない様子でいた。


ちょうど琴琳がぐずりだし


「おっぱい飲ませてみよ」といって


再び二階へと上がっていった。


もちろん俺は嫁が寝ている間。


子供の面倒は見ているし


掃除をし夕飯の準備まで整えていた。


12:00を回っても降りてこなかったので


俺は嫁が祭りに行くものと思っていたから。


自分の昼ごはんを作り一口二口食べたとき。


すると嫁が二階から不機嫌な顔で降りてきて


ミルクを作り出した。


この感じはきっとぐずって寝なかったのだろう


という事がすぐに分かった。


子供達が「お母さん何時から行くの」と聞くと


「行かんよ 行ける訳ないなん」


とわけの分からない返答を


怪訝そうに言った。


俺は『えっ!?行かないの?』


と思い嫁に尋ねると


「自分が行かない方がいいって言ったんやん」


と怒り口調。


「いやいや きつくなったら代わればいいかなって思ってたんだけど」


と冷静に答えた。


「風邪を引いて体調が悪いから行かない」


と続いて返してきた。


『何だこいつわけわからん』と思いながら


琴琳が泣いている声が聞こえたので


俺は二階へ琴琳をあやしに行った。


嫁も後からついてきたが


気だるそうな顔をしていたので


「俺がミルクやるけ 休んでていいよ」


と言うも


気だるそうに


「私がやるからいいよ」と言われた。


これ以上言っても喧嘩になるだけだと思い


俺はリビングへと降りた。


祭りが始まるのは13:00


待てど嫁は降りてはこない。


嫁が降りてこないと


三番目の子を一人置いてはいけない。


まあ別に時間厳守というわけでもないから


と思って待っていた。


子供達も「何時に行くの」と聞いてきたが


「お母さんが降りてきたら行こう」


と伝えていた。


そして嫁が降りてきたのは13:00。


降りてくるなり子供達に


「13:00から始まるのに何してる」と怒鳴った。


呆れてものも言えなかったので


そのまま祭りに行くため家を出た。


なぜ俺がこんな仕打ちを受けるのか。


考えても考えても分からない。


何が不満なのかさっぱり分からない。


子供達もまた可愛そうである。


挙句の果てには


明日は後輩の結婚式なのだが


「私は何の楽しみもない 美味しいものを食べられるわけでもない」


とぶつぶつ。


こっちは行くなともいってないし


いけない環境でもない。


むしろ嫁がいないほうがせいせいする。


今回の祭りも嫁の身体を案じてのこと


自分のためでもなんでもない。


半年に一度の飲みに行く機会


職場の飲み会も夜勤にしてもらって


二回いけてない。


でもそんなこと嫁は知らない。


結婚式。


これはどう考えてもしょうがない。


ご馳走が食べれないというが


今日は圧力鍋を使ってダシから作った


俺特製のおでん。


十分なご馳走ではないか。


逆に俺が嫁からこのおでんを出されたら


料亭のご飯より美味しいと言うだろう。


しかも明日は結婚式で家を空けるからと思い


明日の分までと大目に作ったのだ。


こんな気も知らない嫁の態度。


こんな状況が毎日続くのだから


酒を記憶がなくなるまで飲んで


リビングで寝る。


こんな生活が毎日続くのだ。
                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

            

いったい何が言いたい

2017/07/11
category - 愚痴
コメント - 0
                         
なぜ歩み寄ろうとしなのか?


ずっと疑問に思っていること。


伝えたい気持ちが伝わらない。


嫁との言い合いの中で


「そういう意味じゃないんよね」という事が


お互いにあるのだが


結局いつも言い合うだけ言い合って


結論が出ないまま終わり


熱が冷めたときに


自然と普通に戻る。


こんなことの繰り返しは嫌だと


分かりあうまで話そうというのだが


嫁はそれ以上話そうとはせず


「分かり合えるはずがない」とか


「めんどくさい」とか言って


歩み寄ろうとはしないのだ。


なぜなのか?


ずっと疑問に思っていること。


いったい何が言いたかったのだろう。


それが解れば分かり合うことができるのに。


なぜ?!


昨日ももやもやが残る喧嘩をした。


夏休みには職場の連中と


母親を休ませようというコンセプトで


子供たちと父親だけで毎年キャンプをしているのだが


キャンプの日に二番目の子のピアノ教室が被っていたらしく


出発を30分遅らせないかと嫁が言ってきた。


その日はちょうど出校日で


学校が終わってから行くことにしていた。


ただでさえ遅くなるので


昼ごはんなどの兼ね合いもあり


キャンプ場に着いて


火を熾してバーベキュウをするというのが


毎年の流れ。


学校が終わってピアノ教室に行って


それから行くとなるとさらに遅くなることになる。


自分のところだけならまだしも


職場の仲間も待たせることになるので


どうしたものかと思っていると。


「違う日にしてもらえるか聞いてみる」


と嫁が言ってきたので


「そうしてもらえると助かる


  ダメやったら言って


  みんなに頭下げて遅くなるって言うから」


というと


「なんか私が悪者みたいやん」


といってきた。


「俺はそういうつもりで言ったんじゃない


 なんでそんなにネガティブにとらえるの」


というと


「違う日にしてもらったら


私がピアノ教室まで送り迎えしないといけない


下二人がいるから大変なんよ」


というので


「初めからそう言えばいいやん


 そういう理由なら行く時間を遅らすよ」


というと


「送迎するののどこが大変なんっておもっとるんやろ」


と言い返してきた。


「そういう風には思ってないけど


 俺ならできなくはない」


「自分が夜勤の日とか


 一人で4人も風呂に入れて大変やねって


 みんな言ってくれるよ」


何の話をしだしたんだと思いながら


「大変と思ってるから手伝ってるんじゃん


 どうも思ってなかったえら手伝わんやろ」


そういうと


「そういうことが言いたいんじゃないんよね」


という。


じゃあなんなんだと思いながら


「あのさぁ 俺だってきつくないわけではないよね


 きつくないとは口ではいいよるけど


  本当はきつい


     きつくない分けないよね」


「そんなこと分かってる」


もうわけが分からない。


いったい何が言いたいのだ。


口で言うと喧嘩口調になるので


LINEで


『何がいいたいのか分かるまで話し合おう』


と送るも


返信は


『分かり合うのは難しいと思う』


何で歩み寄ろうとしないんだろう。


そしていったい何がいいたかったのか。


謎のままずっともやもやが残るのだった。


                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

            

コーピング能力の高い低いで人生は変わる

2017/07/02
category - 愚痴
コメント - 4
                         
コーピングという言葉を聞いた事はないだろうか。


コーピングというのはストレス回避能力のこと。


一般的にはストレスコーピングという。


今日も仕事が終わり妻にLINE


『今から帰るね』


しかし返答はない。


不安な気持ちを抱えながら帰宅。


こういうときはキレていることが


ほとんどだからだ。


「ただいま」


妻は琴琳と風呂に入っていた。


『あれ?!なんだ思い過ごしか』


と思いきや


上の子二人が


人差し指を二本突き出し


頭の上に乗せた。


そう。


鬼の登場だ。


どうやら朝から機嫌が悪く


昼ごはんを作ってくれなかったから


カップラーメンを食べたとのこと。


とりあえず帰ったことを知らせようと


風呂場に行き


「ただいま」というと


「おかえり」と帰ってきたが


声は低い。


妻は今、育児ストレスの真っ只中。


今でこうだからこれからが不安でたまらないが


妻は依存が強い人間。


俺への依存が強い。


依存が強い人間の特徴が


色々あるのだが


このコーピング能力が低いという。


当てはまる項目がたくさんあったが


それはとりあえず置いといて


依存が強い。


頼っている。


俺が家にいれば妻がすることは


ほとんどない。


家事も子供の世話もほぼ自分が


やっている。


それは別にいいのだが


そんな頼れる人が


家に帰ってきたら


『やっと帰ってきてくれた』と


笑顔になると思うのだが


むしろそんな頼れる男に対して無視に近い対応。


怪獣に街をめちゃくちゃにされ


絶望に満ちた人々が


ウルトラマンの登場で


「遅いよウルトラマン さっさと倒してよ」と


冷たく言い放つようなものだ。


こんなのではウルトラマンも


命を張って戦う気持ちにはならない。


世の中のお母さん達に比べたら


そんなにストレスに感じることはないと思うのだが


ストレスコーピングができない妻は


かなりのストレスを抱えているようだ。


そしてそんな妻に


俺はかなりのストレスを感じている。


前ほどはひどくはないが


帰宅拒否症になりかけている。


帰ってきてこんな対応をされて


それでも帰りたいと思う人間は


いるのだろうか。


コーピング能力の高い低いで


人生は変わるというのは間違いない。
                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

    

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>

お勧め

アマゾン

PR

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR