孤高の兵士チャールズ

今日は仕事が休みだったので


三番目の子の支援学校に送迎待機に行った。


以前にも書いたが


経管栄養、吸引、酸素吸入のような医療的処置が


必要な子は送迎バスでの送迎はしてもらえないし


医療的処置の方法を先生が熟知し


国からの承認を得るまでの最低2ヶ月は


学校内で待機しておく必要がある。


なんなんだろうって思いますがそれが現実。


ただこんなに慎重なのは学校だけ。


デイケアやショートステイなどは


一、二度説明すればやってくれるのに。


やはり国が絡むと何かあったときの


補償問題なんかがあるからなのだろうか。


まあ制度の愚痴はさておき


ということで行ってきた。


片道40分かけて(なおも愚痴)(笑)


学校に着くと先生に保護者待機室に


案内された。


鍵がかかっていて


『何で鍵までかけんの』


と思っていると


想像ではテーブルと椅子のみ


の部屋が


電気ポットやらコップやらがあり


何かは分からないが


資料的なものが・・・


そして畳だった。


どうやらPTAが使っている部屋のようだ。


暇なので部屋に貼ってある


ベルマークの集計の仕方というポスターを


眺めていると(どうやら1、2年生の仕事)


一人4、50代ぐらいの女性の方が


入ってきたので


この人も待機の人なのかなと思いつつ


軽く挨拶を交わすと


その方が


「待機ですか?大変ですね」


と声をかけてきた。


『大変ですね??ということはこの人は』と考えていると


「高等部のものです」といわれたので


『高等部になっても待機!!』


とビビリ上がっていると


またまた違う4、50代ぐらいの女性の方が


入ってきてまたまた思いをめぐらせていると


二人でなにやら資料をまとめている様子。


そこでやっと正体が判明した。


『なるほどPTAの役員さんだな』


合同で使っているということは肩身が狭い。


情報によると目をつけられたら


嫌がらせを受ける。


なんて情報があるから


なんか変な気分になる。


俺が目をつけられたら


嫌がらせを受けるのは


嫁であることは間違いない。


俺のせいで嫁がいじめにあっては面目ない。


ただでさえ目立つのに


目立たないようにするのは難しい。


ここは静かにしておこうと


テーブルの上にある資料をみていると


「ポットのお湯が昨日から沸かしっぱなしなんだけど」


との声が


『ポットのお湯は保護者が片付けるのだ』


ということを知ったのと同時に


『昨日といえば嫁がこの部屋を使用したはず


まさか嫁が何も知らなくて入れっぱなしにして帰ったのでは』


と思い一瞬ドキッとしたが


その一人が


「昨日○○さんが片付けてた気がしたんですけど


  すみませんちゃんと確認します」というのを聞いて


ほっとした。


でもそのPTAの人たち


コーヒーを入れてくれたり


座布団出してくれたり


「暇でしょ」と過去の学校新聞を見せてくれたりと


意外と親切にしてくれた。


ただ過去の新聞なんか見ても正直面白くもなんともない。


自分のこどもは出てないのだから。


でも見ないとなんか失礼だし


ほかにすることがない。


仕方ないから読んでいると


もう一人


今度はちょっと若目の女性が入ってきた。


PTAの人たちとは軽く挨拶を交わすだけだったので


この人は待機の人だなということが


すぐに分かった。


何か話かけてくるわけでもなく


ずっとスマホをいじる女性。


これが正しい過ごし方だ。


鋼鉄のよろいをまとって微動だにせず守っている兵士。


この人を兵士ちゃんと名づけよう。


ただこの兵士ちゃん


LINEの音がでかい。


ちょっとびくっとするほどの音を


短時間で連発してくる。


本当の戦をはじめる気なのかとドキドキする。


普通なら音量を落とすだろう。


俺はその戦には参戦しまいと


結局その面白くもない新聞を二時間読み続けるはまになった。


LINEという名の雄たけびを上げているさなか


隙を突いて腹が減っては戦はできぬと


食料を調達に城の外へと逃走。


野原で一人腹ごしらえをすることに・・・


そんなやんわで


やっと俺の出番の給食となり


その役目を終えると


学校を後にしたのは14時。


帰宅すると傷を負った兵士がもう一人


その傷ついた兵士を休ませると


甲冑を身にまとわない孤高の兵士


チャールズの戦いは深夜まで続くのだった。





【Rinnai】”料理好き”のための実力派コンロ「Vamo.(バーモ)」

プロが認めた炊飯器 CUCKOO New圧力名人

このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


| 親ばか | コメント(4)

百日のお祝い

今日は百日のお祝いをしました。


百日お祝い(お食い初め)とは


生後100日頃に行う日本の伝統的なお祝い事の一つで


「一生食べ物に困らずに生活できますように」


という願いが込められているそうです。


起源や由来ははっきりとわかっていませんが


平安時代から行われており


室町時代に百日祝い(お食い初め)が行われた記録も残っています。


元々は生後50日にお餅を食べさせていたものが


江戸時代になってから現在の形になったそうです。


地域によって差があるようですが


お祝い膳での献立があります。


0415百日1



一つ目は鯛


「めでたい」の語呂合わせで


お祝い事によく用いられる鯛を


尾頭つきで用意するのが一般的です。


毎回家で焼いていたのですが


ひれと尾っぽを焦がさずに焼くのが至難の業


あらゆる手を講じましたが


いまだ成功していないということで


今回は手抜きで仕出し屋に頼みました。


ご飯はやはり


おめでたい行事なので「赤飯」でしょう。


煮物はおめでたい意味で昆布や


旬のものがよいとされています。


お吸い物は


「母乳をよく吸うことができるように」


という意味が込められているそうです。


香の物として


丈夫な歯が生えるようにという願いを込めて


「歯固めの石」を添えます。


地域によってはかわりにタコや栗を添えるところもあります。


また、しわができるまで長寿でいられるようにと


「梅干し」を添えることもあるようです。


うちは石は用意しませんでしたけど(笑)


0415百日2


まあこの笑顔を見ればわかると思いますが


大成功です。







【Rinnai】”料理好き”のための実力派コンロ「Vamo.(バーモ)」

プロが認めた炊飯器 CUCKOO New圧力名人

このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


| 親ばか | コメント(14)

笑顔がもつ力

笑顔ってすごい力を秘めていると思いませんか?


笑顔ひとつで幸せな気分にさせてくれるんですから。


0411笑顔



この笑顔を見ていると本当に顔がほころびます。


前にも話したと思いますが


三番目の子は


後天的に障害を発症しました。


とはいっても決して生まれてからも


ノーマルではありませんでしたよ。


ノーマルだと信じたかったので


その思いを打ち殺していたんです。


でも笑顔だけは時より見せてくれていました。


3ヶ月で点頭てんかんを発症し


全く笑わなくなりました。


このときの衝撃というか


何というか


言葉では言い表せないほどの


心に苦しみを感じました。


その思いは今でも忘れることはありません。


成長の反対の退行といい


0ヶ月ぐらいに戻ったんです。


もうこの子の笑顔を見ることはできないだろうと


そう思っていたんです。


それはもちろん希望はありました。


真っ暗な洞穴の中に小さな光


そんな感じでした。


2年ぐらいは一年の半分以上


病院での生活。


心身ともに疲れ果てていました。


何とか病状が安定して来ると


笑ったんです。


ニコッとぐらいですよ。


「笑った笑ったって」


涙を流して喜びました。


そのとき思ったんです。


笑顔でいるって大切なんだなと。


自分を振り返ってみても


笑顔でいれないときは


何事もうまくいっていないことに気づいたんです。


仕事から帰ってきて


嫁に笑顔で迎えてもらえたら


それだけで


疲れがぶっ飛ぶものです。


たったそれだけでですよ。


それってすごいことだと思いませんか?


毎日笑顔で迎えられれば


きっとお酒やタバコでストレスを発散する


必要はないでしょうね。


こんな悲しい話をしたかったんじゃないんですよ。


皆さんにも気付いて欲しかったんです。


笑顔というものの力を。


三番目の子に笑顔が戻ってきたときに


いつも泣きながら毎日この歌を聴いていました。


是非聴いてみてください。









【Rinnai】”料理好き”のための実力派コンロ「Vamo.(バーモ)」

プロが認めた炊飯器 CUCKOO New圧力名人

このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


| 親ばか | コメント(10)

入学式

今日は特別支援学校の入学式でした。


せっかく桜が咲いているのに


雨の予報で「残念」なんて思っていたら


雨は降らず


でも学校に桜の樹がない(笑)


なぜなんだぁ~!!


「学校には桜でしょうが」って


突っ込みを入れたくなりました。


0407入学式



小中高の合同の入学式だったんですが


小学部の新入生は11人。


少ないなぁ~なんて思っていると


今年は多いんだと。


先生達はきさくで優しそうな方ばかりで安心しました。


ほぼ一対一の対応なので大変でしょうね。


11人だけど3組まであります。


0407一年二組



わが子は一年二組で先生は3名です。


しばらく嫁が片道40分かけて送り迎えをしないといけません。


医療的なケアが必要な子は送迎バスに乗れないんです。


バスは民間のものを利用しているのでバスに看護師が


乗っていないからという理由らしいです。


なんとも法の整備をきちんとして欲しいものです。


福祉の世界は本当に遅れていると


ふたを開けるとしみじみ思いますが


この世界のことは親族に障害がある人がいないと


分からないでしょうね。


何が必要で何が足りないのか。


どんなケアが必要なのか。


医療系の人はわかると思いますが


役場に行って吸引器の交付を受けに行ったときのこと


「吸引器は自分で使えますか??」


って聞かれたんですよ。


役場の福祉科の人間がそれくらいのことが


分からないって怖いですよ。


それはよりよい福祉は提供できませんよね。


そんな感じで遅れているというよりも


無知すぎるのが現状です。


という愚痴も挟みながら


無事入学できたことの報告でした。




【Rinnai】”料理好き”のための実力派コンロ「Vamo.(バーモ)」

プロが認めた炊飯器 CUCKOO New圧力名人

このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


| 親ばか | コメント(6)