ヘッダー画像

プロフィール

チャールズ・マンソン

Author:チャールズ・マンソン
細々と既婚生活を送っています。

いらっしゃい

今見ている人

現在の閲覧者数:

写真AC

私の写真はここから ダウンロードできます。 クリエーター検索 チャールズマンソンで 検索してください。

インスタグラムもやっています

Instagram

小遣い稼ぎに

無料登録で小遣い稼ぎ

カテゴリ

最新コメント

パソコン買うなら

PR

クリックお願いします。

ブログランキングにも参加中

広告

広告

広告

    
            

そんな馬鹿な

2017/08/30
category - 雑学
コメント - 0
                         
おとぎ話や映画に出てくる歩く木


本当にいたら驚きですよね。


歩く木



そんなのこの世にいるわけない。


そう決め付けてませんか?


この前置きから


もうお分かりかと思いますが


いるんですよ。


歩く木が!!


その名も


 『ウォーキング・パーム』 


うぉーキングパーム


ウォーキング・パームには


「支柱根」


という根がタコ足状に生えていて


これらに支えられることによって


幹の部分は地上から


離れた場所に持ち上げられているのだそうです。


これは、できるだけ太陽に近づくことで


エネルギーを得ようとする生存戦略なのです。


ウォーキング・パームは支柱根によって


支えられているわけですが


太陽が良く当たる支柱根は


どんどん育って大きくなっていきます。


逆に太陽の当たらない部分は


成長が遅くなるわけです。


そうなると、支えの部分が


次第に斜めになってきます。


本体はこの間もひたすら太陽に向けて


成長しているわけですので


最終的には本体を支えられなくなります。


そうなると普通に考えると


倒れてしまいそうなものですが


これらのプロセスは非常にゆっくり進むので


バランスが崩れてきて本体が斜めになってきた時点で


今度は本体の先端に近い部分から


新しい支柱根を生やして体を支えようとするのです。


この新しい支柱根を支えとして


また同じようなプロセスが繰り返されます。


最初にあった支柱根や本体は朽ち果てていき


先端部分の新しい支柱根と本体が


どんどん太陽に向かって進んでいく。


時間はものすごくかかりますが


確実に太陽に向かって移動しているわけです。


これは、ごくごくゆっくりとですが


歩いているといっても問題は無いでしょう。


実際年間90cm動いたという報告があります。


密林には太陽の光は十分に差し込まないことから


より太陽の光を効率よく浴びることができるように


このような能力を身につけたとされているウォーキング・パーム。


歩く木1



そう歩く木は存在したのです。



ただ科学者たちはこの歩く木の存在を



否定しているそうです。
                
スポンサーサイト
                
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

            

今日の月は大きいなぁ~なんて・・・

2017/08/23
category - 雑学
コメント - 0
                         
『今日の月はでかいな』


なんて思うときがありませんか。


地平線近くにある月は大きいですよね。


『地球に近づいているんだな』


なんて思っていたんですが


よく考えたら月は地球の衛星なので


距離が近づくことはないんです。


『えっ!!じゃあ何で』


自分もそう思いました。


実は目の錯覚らしいんです。


しかもはっきりとした原因は解明されていない。


今度大きな月を見たときに


硬貨と大きさを比べてみてください。


小さな月と同じだということが解りますから。


ミステリーですね。



                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

            

カタツムリの殻

2017/08/21
category - 雑学
コメント - 2
                         


カタツムリが夏眠しているのを発見しました。


そうカタツムリは冬眠だけでなく夏眠もします。


寒さにも乾燥にも弱いということですね。


最近見なくなったなぁ~なんて思っていませんか?


住処を追われているだけで


数的には日本国内ではそんなに減ってはいないようです。


もし見たいと思ったら


森の中の葉の裏や樹の根元などを掘ってみると


出てきますよ。


カタツムリを見ていて


不思議に思うことはありませんか?


背中にしょっている殻なんですが


いつもピカピカだとは思いません?


そうあの殻には秘密があるんです。


じっくり見てみると


カタツムリの殻には


細かく規則正しく溝があることがわかります。


その溝の表面には薄い水の膜が張っていて


アブラ汚れを弾いているんです。


これを応用した


汚れのつかない外壁が開発されています。


凄いでしょ。


こういう視点で生き物を見ると楽しいですよ。


人間の先輩方はやっぱり凄いなと


生き物を大切にする気持ちも芽生えるはずです。


                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

            

ヒマワリ

2017/07/31
category - 雑学
コメント - 2
                         


ヒマワリの花言葉



ひまわりの花言葉は「あこがれ」「あなただけを見つめる」「熱愛」「情熱」。

―イメージは元気!ポジティブ!元気で明るい夏の花

ひまわりはキク科の一年草で、花期は6月~8月です。黄色やオレンジ、茶色の明るい大輪の花を咲かせます。


ヒマワリの花言葉の由来は


ひまわりの花言葉「あなただけを見つめる」は

ひまわりが太陽の方に向かって咲くことからきています。

また、花言葉の「あこがれ」も同じように

太陽が方向を変えるとついていくように動くことからきています。



ヒマワリという花の名前の由来は


ひまわりの花名は、漢字で「向日葵」と書きます。

太陽の移動によって花の向きが

回ると考えられいることから

昔は「日廻り」と呼ばれていました。

「向日葵」は、ひまわりの花が向日性があることに

「四方に向いて花が開き、開いて回る」という意味のある

「葵」がつき、「向日葵」と言われるようになりました。




                                 
            




このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって

サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


                         

    

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>

お勧め

アマゾン

PR

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR